三重県保育士・保育所支援センター

LINEアイコン Twitterアイコン
求人情報検索のアイコン

求人情報検索

お問い合わせのアイコン

お問い合わせ

保育士の声

取材日:2019.12.20

復職保育士Yさん

社会福祉法人 一二三会
いずみ保育園 勤続年数 11年

保育士に復帰しようと思ったきっかけは?また、復帰先はどのような視点で探して、決めたのですか?

 千葉県の公立保育園で保育士として勤務していましたが、結婚を機に退職し、三重県に引っ越しました。専業主婦になり、他業種で働いていたこともありましたが、やっぱり保育士として働きたいと思い、自分の条件に合う保育園を探しました。
 通勤が30分圏内で、フルタイムパート(9時~17時)で働ける保育園を探しており、いずみ保育園を含めて複数の園に話を聞きに行きました。最終的には、保育士の配置に余裕があり、パートの保育士の方も多く勤務されているので、休みが取りやすいという点と、面接時に「子どもが欲しいので、勤務してすぐにご迷惑をお掛けするかもしれない」という自分の正直な思いを伝えたところ、「その時に相談して考えていけば良いよ」と園長先生に言っていただいたことが決め手となり、いずみ保育園に保育士として復帰することを決めました。
 また、フルタイムパートを始めて2年目に妊娠が分かり、園長先生に相談したところ、退職ではなく、産前・産後休暇、育児休暇を勧めていただいたので、休暇を利用しました。復帰後も、勤務時間をフルタイムの1時間短縮勤務で9時~16時に変更してもらったことで、育児と両立することができています。
Yさん

復帰するにあたり、不安なことはありましたか?

 育休から復帰する際、仕事と子育ての両立ができるか、子どもの体調不良等で早退・欠勤が多くなったらどうしよう、という不安がありました。また、子どもと離れることの不安などもありましたね。
 当初、育休復帰予定を4月にしていましたが、仕事と子育ての両立に不安を抱えていたため、園長先生に相談をし、育休を半年延ばしてもらい、1年6ヶ月の育休を取得して、9月に復帰しました。

職場の人間関係やフォロー体制などはいかがですか?

 遅刻・早退・欠勤をしてしまっても嫌な顔一つせず、心配をして、ねぎらいの言葉をかけてくれます。
 ご迷惑をかけていて本当に申し訳ないなと思っていますが、「何時、私も同じ状態になるか分からないから、気にしないで。その時は助けてね。」と言ってくれます。
 また、保育士の配置に余裕があるため、急な休みなどで人手が足りない場合は、他のクラス担当の職員がカバーし穴を埋めてくれます。私も他のクラスに入ったりもしています。

復帰してよかったと思った瞬間などはありますか?

 家にいることが多く、家族以外の人と会ったり、話をしたりすることが少なかったので、仕事をすることで子どもたちや先生など、いろんな人と話ができることが純粋に楽しいと感じましたし、好きな仕事ができてやりがいがあります。
 復帰する前は、子どもと離れるのが不安だと思っていましたが、今は、外に出ていろんな人と話をし、自分で働くことが楽しいと思えていますし、子どもも保育園に行くようになってから言葉や出来ることが増えて、お互いによい刺激になっているんだなと感じています。
 また、子どもが産まれる前より、保護者の気持ちがわかるようになったのが発見で、保育士としてレベルアップできたのかなと思っています。

保育士復帰を考えている潜在保育士の方へのメッセージ

 不安はあると思いますが、ライフステージに合わせた自分らしい働き方で働いてみませんか?
自分が思っているよりも周りのサポートがあり、感動できます。
 子どもがいても働いてもいいんだ!と思える、安心して働ける職場に出会えるといいと思います。
インタビュー写真